浦和美園の歯医者・歯科|裕木歯科クリニック|むし歯治療・一般歯科

  • 月・火・金… 9:30~13:00 / 14:30~19:00
  • 木・土・日… 9:00~13:00 / 14:00~17:00
  • 休診日:水曜日、祝祭日、第2・第4日曜日
  • バリアフリー
  • 駐車場完備
  • 土日も診療
  • 女性歯科医師在籍
医療法人社団幸隆会 裕木歯科クリニック
  • さいたま市緑区美園6-7-26
  • 浦和美園駅からバス
    「ウイングシティ南」下車すぐ


むし歯治療

Cavity

歯の違和感や痛み、気になっていてもそのままにしてしまっていませんか?
早期発見ができるかによって治療期間や治療方法が大きく変わります。できるだけ早い段階で当院へご相談ください。

歯に違和感や痛み、そのまま放置してしまっていませんか? 早期発見ができるかによって治療期間や治療方法が大きく変わります。できるだけ早い段階で当院へご相談ください。

歯を失う原因のほとんどは、むし歯か歯周病です。一度歯を削ってしまうと、詰め物や被せ物で機能を取り戻すことはできても、歯を再生することはできません。
何度も治療を繰り返すことで歯は脆くなり、最終的には抜けてしまうリスクも高まります。
当院では、痛みが苦手という方にも安心して治療を受けていただけるよう、痛みの少ない治療を提供しております。少しでも気になる症状がありましたら、お早めに受診することをおすすめいたします。

当院では痛みの少ない治療を
行います

表面麻酔

表面麻酔

細い注射針

細い注射針

電動麻酔器

電動麻酔器

痛みを軽減するための工夫

当院では歯茎へ塗布するタイプの表面麻酔で感覚を麻痺させた後、麻酔液の注入速度を機械でコントロールし、ゆっくりと一定速度で麻酔液を注入することができる電動麻酔器で麻酔を行います。使用する注射針は、極細の注射針を使用しますので歯茎に針を刺すときの痛みを緩和します。

point

当院では無理のないペースで患者様が安心して治療を受けていただける空間づくりを大切にしております。ご不明な点や気になることは何でもお気軽にご質問ください。

むし歯になる原因

むし歯になる原因

むし歯の原因には「ミュータンス菌」「糖質」「歯の質」の3つの要素があります。この3つの要素が重なった時、時間の経過とともにむし歯が発生します。

むし歯になりやすい方の特徴

  • 歯並びが良くない

歯並びが悪いと、歯ブラシで磨けない部分が出てきてしまいむし歯になりやすくなります。

  • 甘いものを好む

ジュースやお菓子をよく飲食する方は、むし歯のリスクが高くなります。

  • 口で呼吸する癖がある

唾液には、むし歯を防ぐ上で重要な役割がありますが、口呼吸をすることで唾液が蒸発しやすくなりむし歯になりやすい口内環境になります。

上記のように自ら「むし歯になりやすい口内環境」を作ってしまっている場合がありますので日ごろから意識することで改善していきましょう。

むし歯の進行と治療法

歯に少しでも違和感や痛みがある時点でむし歯の症状は進行しています。症状を悪化させないためにも早い段階で一度診察へお越しください。

軽度のむし歯(C1)

軽度のむし歯(C1)

  • エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態
  • むし歯の中では浅い症状で痛みもあまり感じない

(C1)の治療

むし歯菌に侵された部分を取り除き、「コンポジットレジン」という樹脂製の歯科材料を詰めて修復します。

(C1)の治療
軽度のむし歯(C1)

中度のむし歯(C2)

  • むし歯が歯の表面を溶かし中の方にまで進んでしまった状態
  • 冷たいものや甘いものがしみたり痛みを感じるようになる

(C2)の治療

むし歯の範囲が大きい場合は削った後に歯型を採り、金属やセラミックの詰め物にて、欠損部を修復します。

(C1)の治療
軽度のむし歯(C1)

重度のむし歯(C3)

  • 歯の神経(歯髄)までむし歯が達した状態
  • 歯の神経が生きているうちはズキズキ強く痛む

(C3)の治療

当院では患者様の歯をできる限り残すため、C3のような歯の状態の場合、抜歯をすることなく細菌感染した歯髄を取り除く治療(根管治療)を行います。

(C1)の治療

根管治療が
必要となるケース

  • 噛んだ時に強い痛みを感じる
  • 冷たいものや熱いものがしみる
  • 歯茎が腫れて膿がでている
  • 何もしていなくても歯がズキズキと痛む

根管治療の流れ

横スクロールできます→

一般的に根管治療は2~5回程度の通院が必要になります。
当院では治療した歯の経過観察と予防メンテナンスのため、治療後も定期的なご来院をお願いしています。

最重度のむし歯(C4)

最重度のむし歯(C4)

  • むし歯の末期の状態で、根だけが残っている状態
  • ズキズキと痛み、顎の腫れや発熱などの症状が起こる場合がある

(C4)の治療

根管治療での対処が難しく、抜歯になってしまうことがほとんどです。抜歯後の歯を補う方法としてブリッジ、インプラント、入れ歯があります。

(C4)の治療
■…休診日  ■…午前休診  ■…午後休診

ご予約・お問合わせ

0120-374-011

24時間 ネット予約
お問合わせ
アクセス